絵を描き始めた頃からの夢!三宮の絵画を描きました

イラスト

みなさまこの記事へのご訪問ありがとうございます。
清椿です。

私は絵を描き始めて3年近くになります。

3年と言っても毎日描いてきたわけではなく、
絵から離れていた期間もあるのでトータルで数えると1年も経っていないです。

そんなひよっこの私が絵の目標として掲げていたものの1つに

「地元の名所の絵画を満足の行く形で描き上げること」があります。

私は他の人に比べて地元愛(地元=兵庫県)が強い方なので、
兵庫県の良さをできる形で表現したいのです。

今回の絵画は、兵庫県の絵画2作目です。

三宮の絵画

兵庫県の中心と言えば神戸市中央区三宮です!

名所である市役所近辺を絵画として描き上げたので、ぜひ見てください。

2020年7月1日 神戸三宮

タイトルは「市役所はこちらですよ」

袴姿の女の子と一緒に市役所に向かう風景です。
神戸市役所は絵の中心にあるガラス張りの四角柱の建物です。

神戸について

みなさまは神戸と言えば何が浮かびますか?

神戸港、神戸大橋、ポートアイランド、ポートタワー。

どれも神戸らしさの象徴である港をイメージされると思います。
(地元民の私個人のイメージです)

ですが、私はあえて神戸らしさといえる場所が行政と交通の中心である「三宮駅周辺」なんじゃないかなーと思うのです。

東京で例えるなら、東京タワーや東京スカイツリーのようなシンボル建造物も良いですが、東京駅こそ東京らしいと主張する感じです。

私は鉄道オタクではないのですが、思い出の詰まった三宮駅には愛着があるので
私の中では神戸=三宮駅周辺なのですよ。

絵画について

普段、私は人物を中心としたイラストを描いております。

メインが人物で、風景は人物を引き立てるための後付けのような感じで描いてきました。

しかし、今回はイラストではなく絵画。

普段は背景と呼んでいる街並みこそが今回の絵メインなのです。

とはいえ、実物を見ながらの風景画なので、空想世界のような工夫や世界観は無いのですが、線画からスタートし、出来る限り本物に近づけつつも違和感のないように頑張りました。

今回の絵「市役所はこちらですよ」を描いて学んだこと

今回の絵「市役所はこちらですよ」を描くにあたって学んだことがあります。

それが風景画に描かれている看板の著作権について。

著作権法、2020年に改正されていたことをご存知でしたか?
私は知りませんでした。

看板や商標を絵画に載せるには承諾をとる必要があるとのこと。
写真は写りこんでも良いのに、絵画などの創作物は看板や商標を許可なく創作物に載せてはいけないんです。

今回描いた絵の三宮駅1階、広告が貼られていた部分は私の過去絵を載せることにしました。

風景画なのに広告の部分が私の過去絵なのが、景観を崩しているような気がしてしまうのですがこればかりは元の広告絵を描いてはいけないので仕方ないです。

実物を見て描く絵画は、写る物の権利問題も考えつつ描かなければならないことを学べました。

まとめ

若干話が反れてしまいましたが、「地元の名所の絵画を満足の行く形で描き上げること」という目標を達成することができました。

今後の絵画は、広告の貼られていない場所をメインに描いていこうと思います。

現実の街(特に広告が写る場所)を描くのは当分の間控えます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログへの絵や記事の感想、pixivやその他イラストサイトでの評価おまちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました